ホーム   »  自動車保険
Category | 自動車保険

車両保険に免責金額を付けると保険料は安くなりますが

免責金額5万
免責金額10万など

免責金額とは自己負担金額と思って下さい
(保険会社が支払う責任がない金額の事)

車両保険にこれを付ければ
保険料は安くなります

しかしながら保険使用時には
自己負担が発生しますので
付けるかどうかは悩むところです
修理費用が30万だとして
免責5万だと
25万円しか支払いがない
5万は自己負担

自己負担が発生する場合は
お店選びは慎重に!

免責5万の場合に
足りない5万円を
丸々請求するお店は多いです
5万円払うのが普通と思っているお方も
きっと多い事でしょう

当店にお越しのお客様ですと
「何とか自己負担が安くならないだろうか?」
と多くのお方はご相談なされます
お店にお任せではなく希望をしっかり伝える
大きな違いですね!

全てのケースでは不可能ですが
自己負担軽減策はございますので
ご相談下さい
可能な限りご負担が少なくなる様
当店では努力いたします




車両保険で直すのだが 免責金額がある (宇部 車修理のお店)

免責金額を付けると
保険の掛け金が多少お安くなります
節約には有効な手段ですが・・・

免責金額とは簡単に言えば
(自己負担金額)です
事故して自分の車の修理費用が
20万円の場合
免責金額10万円付けていると
保険で支払われるのは10万円のみです

20万円の時の10万円だと50%です
こうなるとかなり厳しいです
修理内容をかなり変更しなければ
手出し無しで修理するのは無理でしょう

お店に丸投げでお任せしたり
新品使用で通常修理しかしてくれない
お店であればまずアウトです
自己負担金額の
10万円をきっちり支払う事になるでしょう・・・

先日
免責金額があるために
修理費用の半額しか出ない
というケースがございましたが
修理方法を変え中古パーツを使い
最低限度の修理に抑えることで
手出しなしで完成させる事ができました
毎回上手い事できるとは限りませんが
費用を抑えたい場合は
要望をしっかりとお店に伝えましょう
対応できるかどうかは
お店次第です!






保険を使うか使わないか 修理に出したお店で変わるかも・・・

保険を使った方が良いか
使わない方が良いか
悩む事があると思います

真っ先に調べるのは
保険を使った場合と
使わなかった場合の
以後の保険料の差額が
いくらになるのか
※通常は3等級ダウンで
3年間掛け金が上がり続けます

掛け金アップ額(総額)と修理費用
どちらが大きいかを比べ
保険使用 不使用を
選択する事になります

当店の場合ですと
車が新しいとチョッと難しいですが
修理コースを複数ご提案できますので
選択肢は更に広がります
通常の修理だと保険使用する所を
中古パーツ利用で保険使わずに
手出しも安く済んだ そんなケースも

例えばこんなケース
通常修理費用 15万 
保険使用で以後3年間で合計15万保険料アップ

保険使おうが使わまいが
自己負担は同じ事になりますが
保険使用だと分割払いみたいになりますので
保険使われるお方が多いかも
上のケースでは保険使うか使わないかの
選択はありますが自己負担額は15万円で同じです

しかし12万や8万と言う修理コースがあった場合は
保険を使わないで
自己負担が12万や8万で済む事も・・・


保険使うならどこに出しても一緒は
もう過去のお話です
車が古くなってくるとなお更です
お得に直せる方法を教えてくれるお店
修理コースの多い店が理想です





自動車任意保険は解約しないで中断証明書を発行してもらおう

自動車任意保険は解約しないで
中断証明書を発行してもらおう
※12~20等級など割引率が高い場合

・運転免許を返納したとか
・車にはもう乗らないだろう
・大都会に引っ越したので
などの理由で愛車を譲渡や廃車にした場合
自動車保険もこの先必要ないなと
いきなり解約しない方が無難です

(万が一また必要になった時)
・同居家族の誰かが車に乗り始めるとか
・車の台数が増えるとか
・また田舎に引っ越す事にとか
もしそうなった時にまた6~7等級から
新規契約スタートしなければなりません
非常に不経済です

そんな時は中断証明書と言うものを
発行してもらうのが良いでしょう
※10年間そのままの等級で中断できます
(年数は保険会社によって違うかもしれません)
中断中は一切お金は掛かりません

7年8年後に
お孫さんが車の免許取ったなど
そんな場合に眠らせておいた
自動車保険を等級はそのままで
復活&譲渡させることが可能です
(同居の家族、配偶者、配偶者と同居の親族)
と相手には制約があるようです

車両の廃車時 譲渡時には
保険をあげる相手が思いつかなくても
すぐには解約はしない方がよい
特に21歳未満の新規保険契約は
もの凄く金額が高いですので注意
一旦は中断で眠らせおきましょう






自動車保険は安易に使用しない 自己負担は発生します

自動車保険は安易に使用しない事
(ロードサービスなど
一部の特約についての利用は問題なし)

保険があるので安心
保険使えば何でも解決
その考えは・・・

頭から「保険入ってるので保険で」と
保険使用に全くちゅうちょしない
そんなお客様もいらっしゃいます
大事故の場合は別として
軽い接触事故の場合は慎重に!
もう一つの修理方法を選んでおけば
保険を使わないでも済んだのに・・・
そんなケースもございます
後日に分かってもあとの祭り
お店によっては保険で修理ですねと
ポンポン新品交換され
通常の保険対応修理して終わり
その場では手出しなしで済む人もいれば
過失分を請求される人もいるでしょう
以後の3年間は保険料アップ(涙)
これは保険使えば皆さん同じ事

ですから修理金額に幅を持たせた
複数の修理コースがあるお店が
理想だという事です
たとえオールリスク(全対応型保険)に
加入していてもです
負担なしで保険が使えたのは
遠い過去のお話
現在は厳しい時代なのです・・・







保険に付帯している特約は利用しよう 弁護士費用特約 

自動車に関わる事で
トラブルに巻き込まれてしまう
「悪いのはあなたの方だ弁償して下さい」
こんな事になってしまった場合
皆さんはどう対応しますか?

駐車場に止める時に
誘導員の指示に従ってバックで進入
オーライオーライオーライ ドンッ ストップ!
下手な誘導のせいで
駐車場の壁に穴が開いてしまった・・・
自分の車は大した事はない
そのままでも我慢できる程度

駐車場のオーナーさんが
壁の修理費用を
ドライバーさんだけに
請求したという今回のケース

ドライバーさんはどうしたらいい?
誘導員の過失は?


結論を先に言うと
今回は自動車保険に付帯している
弁護士費用特約を利用する事で解決いたしました
実際は「弁護士に相談する」と返答したら
相手さんは「もう結構です」と引き下がった訳ですが・・・

相手さんもそこまで争う考えは持っていなかった様です
「気にしなくていいですよ」と言うわけにはいかないので
とりあえず言ってみた(請求してみた) 
もらえればラッキー そんな所だったのでしょうね

こんな事例のケース
納得いかないけど何か面倒だし
へそくりで何とかなる金額ならと
支払ってしまう人もいるでしょう
待ってください
誘導員の過失もあるはずですから
ドライバーだけで全額弁償はないと思う

納得できない事には「NO」とハッキリ言う
または即答せずに(誰かに相談後)後日に改めて・・・
1人で悩まずに身近な人に相談してください
あっさり解決できる事もあるでしょう


※弁護士費用特約を付けていない場合でも
 簡単な案件の相談費用位は
 出る事も多いので
 保険会社さんに相談してみましょう
 





自動車保険 使うと掛け金が凄い上がる どうしよう 宇部 車の事故・板金塗装修理店

自動車の任意保険ですが
簡単には使えない時代になってしまいました
保険使うと掛け金が凄い上がる どうしよう・・・
そんな事が数年前から発生しています
使う使わないで迷う事になるでしょう


修理費用金額
保険使用による以後に
※上がってしまう掛け金
(元に戻るまでに幾ら追加で払う事になるのか)
どっちが安いのか真っ先に比べましょう

例 自損の場合 相手なし
   一般車両(オールリスク)あり

新品で直せば10万円必要
保険使ってしまうと
上がってしまう掛け金 8万円
(以後の3年間は掛け金が高くなります)
保険使った方が
2万円安くて済むなら
保険使って直そう!でもいいし

中古パーツ交換で済むのだったら5万円
だったら保険使った方が3万円高くなる
保険は使わなくてもいいじゃん!
そんな事もありますので・・・

選択肢はある場合が多いのです
しかしお店によっては
教えてくれないかもしれない
質問はしないといけませんよ
お任せでは・・・・・

※(自損のガリ傷で保険を1度使うと3等級下がります 
  元に戻るまでは3年間必要 その間ずっと掛け金は
   高い状態が続く その高くなってしまう部分の合計金額) 


新車から3年程度経ってきますと
中古パーツも見つかる確率が
高くなってきます 
5~10年のお車なら
中古部品金額もお得になってきて
なお おすすめ




バッテリー上がりやキー閉じこみやガス欠などのロードサービス

寒いこの時期
朝一のエンジン始動が
できない事が多くなります
朝一エンジンが掛からない時は
隣に止めている人など
身近な人に助けてもらって下さい

それが難しい状況であれば
自分が加入している
自動車保険会社さんに聞いてみましょう
無料で助けてくれる場合が多いです
最近の保険には自動で
ロードサービスが付帯しています
利用しないのはもったいない
保険料には含まれているんですから・・・
※利用回数については制限があると思います

エンジンが掛かったら(エンジンは切らずに)
そのままお店に車を持って行き
すぐに点検してもらってください
大体の場合は
バッテリーが交換時期に近い場合が多く
新品バッテリーに交換する事になると思います

新しいバッテリーで明らかなライトの消し忘れ
そんな場合は充電のみ(しばらく走行)でOKでしょう
稀にですが
原因がバッテリーではなく
車についている充電機(発電機)の不良
そんな事もございます




自動ブレーキ搭載車は来年から保険料(任意保険)が下がるらしい

スバルのアイサイトをはじめとする
自動ブレーキなど先進的な安全装置を
搭載した車は2017年1月から
任意保険料が平均で10%程度割り引きに
なるみたいですね
安くなる時期が多少遅い感じがしますが
データを取るのには時間が掛かるから
しょうがない事なのでしょうね

ニュース記事へ

アイサイトの場合は
かなりの差があるようです
事故が6割減
追突にいたっては8割減




過失が1~2割程度の事故の場合は・・・

過失が1~2割の事故の場合
保険を使わなくても済む事が多い
※軽度な事故に限ります
  お互い同程度の損害の場合


自分の過失が2割だと
保険使わない場合は
2台の修理費用の合計の内
2割を負担という事になります

相手の修理金額25万
自分の修理金額25万と仮定すると

25+25=50万
50万の2割=10万(自己負担)
自分の修理費用が25万
25万>10万 ですので
15万円を相手から受け取ることに

別の言い方をすると
相手の損害の2割を払う義務
→25万の2割=5万
相手から自車の損害の8割を貰う権利
→25万の8割=20万
相殺すれば15万貰う事になる

当たり前の修理ですと
10万円不足ですので
車両保険が付いていれば
保険を使うのもいいでしょう
(掛け金アップが10万未満なら)

もしくは
新品使用にこだわらず
15万以内の修理方法を選択し
保険を使わないという方法もあります
新車では難しいですが・・・

昔は保険使ってもリスクは
少なくて済みましたが
今は違いますのでご注意下さい
これからは着工前によく考えて
話は慎重に進める事
保険を使わないという選択肢も
考えることが必要でしょうね



プロフィール

管理人

Author:管理人
山口県宇部市でキズ・ヘコミ直し
車の板金塗装修理の仕事をしてます



藤本板金ホームページはこちら!

お知らせ掲示板
カテゴリ
リンク
FC2掲示板
最新記事
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
340位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
22位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
株価&為替ボード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR