ホーム   »  車の構造・DIYの参考に  »  ドアパネルの最下部のサビ腐食は水溜りが原因

ドアパネルの最下部のサビ腐食は水溜りが原因

ドアパネル下などの水が溜まる箇所のサビ腐食について

ある車のドアの下側の画像です
別に交換した形跡はなく
新車の時からのそのままの状態のドアでしたが
10年を過ぎてこんな状態に・・・
防錆処理がイマイチなのか
露天駐車だとしょうがない事なのか

ガラス下の水きりモールの所から水が進入し
ドア内部下部に溜まる 水抜き穴はあるものの
最下部(パネル合わせ面付近)は中々水がはけず
長時間水が付着
その内ジワジワ腐食して行き 最後はサビ穴が開く

ドア下部 水溜りによる腐食 サビ穴 ドア下部 水溜りによる腐食 サビ穴2 

もしこの様な状態を見つけた場合は表はもう触らない方が無難
つつくと穴が開いてしまいます
もうそう長くは持ちませんが応急処置ならば
ドア内部の裏側からの処理をお勧めします
パイ生地になったようなサビを簡単に取り
しっかり乾燥させたあとに
防錆剤をたっぷり塗っておけば進行は緩まるでしょう


関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

管理人

Author:管理人
山口県宇部市でキズ・ヘコミ直し
車の板金塗装修理の仕事をしてます



藤本板金ホームページはこちら!

お知らせ掲示板
カテゴリ
リンク
FC2掲示板
最新記事
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
325位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
28位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
株価&為替ボード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR