avatar image

修理方法の選択 正解でした 

昨年12月に保険修理を1件やりましたが
いまだに入金がございません
過失割合でもめているからです


毎度の事ですが
私はこうなるであろう事は予想済み
作業はいつも慎重に進めます

ご依頼受けた12月当初は
保険でいくら出るのかまだ分からなかったので
その場は必要最低限の修理に留めておきました
(走行不能を走行可能な状態にしただけ)
※過失割合がどうなろうとお車は新しいので
  乗り続ける事は確定しているため

過失割合が確定し
いくら貰えるのか?払うのか?
保険を使うか使わないか?
はっきりした所で本格修理開始
余裕があれば追加修理すればいいのです

自己負担で修理する場合と
相手の保険で修理する場合では
当然修理内容も変わってきます
自己負担なら無理にやらなくても
なんとか我慢する
こんな部分はきっと出てきます
保険で出ないかもしれない部分を
先走ってやる事はない
やればお客様の負担が増える・・・

お店によっては12月の時点で
きっちり通常の修理を
される事もあるでしょう
そうなると必要以上に
自己負担をする事になってしまいます

売り上げを下げてでも
お客様の事を第一に考えると
こんな事にもなるわけです

12月の時点で
修理は25万掛かってます
保険ではいくら出るか分かりませんので
とりあえず全額立替払いをお願いします
保険金はお客様の方でお受け取り下さい

過失割合決定後
修理は25万掛かってます
保険では15万出ますので
足らない10万お支払い下さい

過失割合決定後
修理は15万掛かってます
保険では15万出ます
今の状態なら費用は掛かりません
これ以上は自己負担ですが
もう少し綺麗に直しますか?

どちらの選択肢が良いでしょうか?



関連記事
Theme: 山口県宇部市 | Genre: 地域情報

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback