avatar image

ひき逃げは少ないが、当て逃げは日常茶飯事。正直者が救われる世の中であって欲しい・・・

ひき逃げは少ないが、当て逃げは日常茶飯事

今の仕事でよく経験するのが
当てた 当てられたのケース

多くは当て逃げのケースですが
誰かに見られていて逃げたが発見される人もいる

中には自分が当てましたとメモを残す方
また警察に届ける人もいらっしゃいます
相手がその場にいなく また目撃者がいなくてもです

今日もそんなことがありました
正直に届ける人に対して
被害者さんはあまり腹は立てません
できれば穏便に済ませたいとお考えになります
ベッコリへこましてしまえば賠償は免れませんが
チョッとの事だと許してもらえることが多いです

逆に逃げられた後 相手を見つけた場合は
慰謝料まで請求してやりたいと言う事にも・・・
外国では考えられない事かもしれませんが
日本人の国民性と言いますでしょうか
人が良いと言いますでしょうか
この先もこのままであって欲しいと願うばかり
正直者が救われる世の中であって欲しいです




関連記事
Theme: 今日のブログ | Genre: ブログ

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback