avatar image

車をDIY修理する時の注意点 シーリング材 コーキング剤使用について

車をDIY修理するお方に一言 
シーリング材についての注意点です 
シーリングした後に上から色を塗りたい場合は
必ず上塗り可能タイプを選びましょう

お客様よりお電話
何度も筆塗りするんだけど
直ぐにペリペリはがれてしまう
ちょっと見てもらえないだろうか?

原因はこういう事でした
車を売る場合にチョットひび割れが気になったのでしょうね
お店の人か?知識のない人間が簡易補修をした模様
上塗りできないシーリング剤を使用したのが原因
お客様はその状態で購入されたと言う訳
何回塗っても 色が密着しない またははじいてしまう

シーリング材 上塗り できる できない 種類がある

ホームセンターなんかでも建築用のシーリング剤が売ってあります
んっシーリング材?剤? (剤)の方かなあ
DIY程度なら問題なく使用できると思いますが
必ず「上から塗装ができるタイプ」を選んで下さい
きちんと書いてありますので注意!
欲を言えば「塗料非汚染型・ノンブリードタイプ」と言うのがあれば
そちらの方が良いかもしれません

見えない裏とか下なんかで塗装しないのならいいですけど
覚えておいて下さい






関連記事
Theme: 写真ブログ | Genre: ブログ

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback