購入前に必ず現車を目の前で確認しましょう(中古車編)

中古車を購入前には必ず現車を目の前で確認しましょう今までかなりの件数相談を受けました中古車を買ったけど傷やヘコミがあちこちに・・・このままではチョッと乗れない原因は現車確認が不十分だったという事ですパソコンの画面で外観を確認しただけとか現車確認したが汚れていたのでとか濡れていてとか狭い所で確認したのでとかこれでは納得した買い物は難しい中古車を購入の場合みなさまは何に注意しますか?修復歴があるかない...

花粉付着後の雨は塗膜を痛めるらしい

この時期は花粉の飛散が多い洗車して拭き上げている最中にもう付着し始めている・・・花粉は塗装膜を痛めるらしい特に花粉が付着後に雨で濡れると花粉から成分がとけだし固着するらしい(大雨なら多分綺麗になって 良いのでしょうが)一番いけないのは花粉が付いている上にぱらっと雨が降ってその後直射日光が当たる事もしこんな状況に気付いたのであれば面倒でも洗車した方が良いかもしれませんね(特に濃色車のお方)...

ノートパソコンの修理などをやってみた

数年前に起動しなくなって放置してあった安いノートパソコンを1台修理(HDD交換)今使っているノートパソコンも慌てて買った安いものこれも最近壊れそうな挙動を見せ始めているので壊れる前に(SSDに交換)してみましたネットの情報で何とかなるものですHDD交換の方は商品の選択から交換手順復元まで問題なく終了費用は6000円程度SSD化するパソコンの方はHDDがまだ生きているのでバックアップを取ったあとクロー...

自分の過失が2割の事故でも相手に損害賠償・・・

超高級車が事故相手になった場合はたとえ自分の過失が2割でも払う側になってしまう!例 まずは通常のケース相手 国産車 過失8割自分 国産車 過失2割相手の修理費用 20万自分の修理費用 20万であれば自分の負担は40万の2割で8万円です自車修理費用20万>負担金額8万ですので相手から12万もらえる事に違う言い方すると相手からは自分の修理費8割(16万)貰え自分は相手の修理費の2割(4万)を払う相殺す...

赤信号待ちで停車中 携帯電話の使用は違反?

赤信号で完全に停車中であれば携帯電話を使用しても違反にはならないそんな記事を見かけました(弁護士さんのページでした)しかしながら警官によっては「それは違反だ」と取り締まりの対象になる事もあるので注意だからトラブルにならないためには赤信号や渋滞中で停車中であっても携帯電話の使用はやめておきましょうとの事道交法にはどうも「停車中は除く」と書いてあるようで停車中とは何ぞや?となるみたい停車中だが運転中・...

特別仕様 限定車 特殊な車種は修理費用が何かと高額に

特別色 特別塗装は修理費用が高い以前にも書きましたが他にも・・・特別仕様の車の場合一部の部品が形の異なる場合があります大型の特殊バンパーだったり幅広のサイドスポイラーだったり穴が開いたデザインが異なるパネルだったり★注意点は部品価格が高い事です1例普通のバンパーであれば塗装済みで5万円であるのに対し特別仕様車のバンパーは未塗装で9万円という事もあります補修塗装修理の場合はそれほど修理金額に差は出ないも...

残価設定ローン(残クレ)のお方はくれぐれも事故に注意&保険はオールリスク型

残価設定ローン(残クレ)のお方はくれぐれも事故に注意ローン期間中の車の所有者はローン会社など別の人です言わば借り物なのです傷なく汚れなく返却する事が大前提契約期間中に事故などを起こしてもしも車が全損(廃車)した場合は大変な事になってしまいます保険はきっちりとオールリスク型に加入した方が良いかもしれませんね(※通常購入した時も同じですが)全損で中途解約となると一括返済金やら損害金やら大金を支払う事に...

猫のひっかき傷に弱い車種があります

猫のひっかき傷は多くの皆様のお悩みとなっています最近の新しい車種にはボンネットが樹脂製のものがあります塗膜が普通よりもやわらかいのかな猫のひっかき傷が通常よりも深く入るみたいです通常ならみがけば綺麗に取れる所がみがいてもなかなか取れません取れないからと言ってみがき作業はやり過ぎない様にしてください表面の透明なクリヤー層が無くなっておかしな事になってしまいますご注意ください...

catalog image

ナンバープレート用ボルトはスチール製よりはステンレス製

ナンバープレート用のボルトはサビている事が多いですオプションで用品のナンバーフレームを付ける場合はボルトも付属している事もありますが通常だとボルトはスチール製(鉄製)です鉄はやはりサビやすいのでなるべく早い内にステンレス製に変えた方がいいかもカーショップで専用品を買わなくてもホームセンターで数十円で購入できますサビのあとはなかなか取れません...

初期費用を抑えると後に費用が増えるかも・・・

安い物に飛びつくとあとで痛い目に・・・そんな事はよくある事です家や車 高額商品だとなおさらです車を例に挙げますと・過走行車や低年式車を安く買って長く乗る →あちこち痛んでいて整備費用が高額に  (特に古い高級車(外国車)は部品代が高額   大排気量車だと税金もかなり高額です)・欲しい色が無かった全塗装して乗ろう・ノーマル車を買ってごついエアロパーツを付けよう →車両価格と同じくらい費用が掛かる場合も...