FC2ブログ
avatar image

年式の古い車ほど修理費用の価格差が大きい

お店により修理費用の
価格差があるのは当然です

その差が大きく現れるのが
新車よりも長年お乗りになった
お車の場合です

新品部品価格は年月と共に
上昇していきます
新車時に3万円だったドアパネルが
10年後は5万円になったり・・・
リサイクルパーツ対応可能店でないと
大変な金額になってしまいます

そこで安くする常とう手段
中古パーツ(リサイクル品)
新車の場合はまだ出回っていないので
あることは稀
またあったとしても高額

10年経ったお車ですと
各部品の在庫数は多く
価格もリーズナブル
修理費用が新品使用時よりも
半額未満で済む事が多い

ドア2枚を損傷
新品交換したら25万の修理見積もり
そこまでかけて修理する?
車を買い替えようか?
そんな事はよくある事

車検まだまだ残っていれば
買い替えるのはもったいないです
そんなケースでも中古パーツ使用で
10万も掛からないで済む事も多い
選択肢がある事は重要!

年式古い高級車の場合は
価格差が顕著にあらわれますね





関連記事
Theme: 山口県宇部市 | Genre: 地域情報

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback