avatar image

修理していくうちにあまりの酷さに腹が立ってきた パネルの溶接交換について

サビが酷い ぺらぺら修理しようとすると結局はこうなってしまう DSCF1414.jpg

錆びている所を削ってみると大体こうなる
酷いと穴が開きます
結局はその部分は切り取って鋼板を張り替えることになります
時間が多少かかります
暇な時ならまだしも 今の状態ではきつい・・・



サビ 画像1 後ろのスペアタイヤがある所サビ 削っていくとこうなる 画像2

大穴です
同じ職業の人間として かわいそうになります
お車の持ち主さんは言うまでもありませんが
この作業をした人 かわいそう
ちゃんとした先輩に指導を受けれなかったんだなと・・・
この人の後輩もこれではまた・・・

こうなったらもう元に戻すことは
新品交換でもしない限り不可能です
見た目うんぬん以前の問題です
何とかうまい事やりますけどね



上の写真の車の修理の最中に
お客様がお越しになりました
仕事の関係で年に何回もお会いする方で
そのお方のお車は以前事故でこんな感じで
パネルを溶接交換しているのですが
毎回修理した所は確認するようにしています
もう3~4年は経っていますが
サビや不具合なんて1つもないです

それが普通なんですけどね・・・


関連記事
Theme: 修理 | Genre: 車・バイク

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback