avatar image

ヘッドライトの球切れで、片目点灯車が非常に多い昨今 原因は社外製バルブ

最近の帰り道によく思う
ヘッドライトの球切れで片目点灯の対向車が非常に多い
切れている事に気付かないドライバーが多いという事です
後続に付けた時に映り込みで気付かないのかなあ
夜間にセルフではないガソリンスタンドに行けば
教えてくれる可能性はありますが・・・

ブレーキランプもそうですが
球が切れた場合は警告ランプが点灯する車もありますが
割合としては圧倒的に少ないでしょうね

なんか暗いな?と思ったら球切れてます
すぐ点検したほうが良いと思いますよ

ヘッドライトに関しては社外製のバルブに
交換しているのが原因です
純正バルブは滅多に切れません
高い社外商品は優秀で切れ辛いですが
安物バルブはすぐに切れますので注意
品質にむらが多いという事です

切れないものは切れないですが
外れが非常に多い
海外は検品作業が雑と言う事も原因
2~3個は余分に購入の必要有り
結局は大して変わらない金額になってしまう
「安物買いの銭失い」にはなりたくないですね!


改めて Made in Japan の良さがわかる
しかしながら この円高で更に減る・・・
関連記事
Theme: ちょっと聞いて | Genre: ブログ

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback